周辺観光

明治日本の産業革命遺産

明治日本の産業革命遺産めぐり
明治日本の産業革命遺産めぐり
萩反射炉

萩反射炉(はぎはんしゃろ)

反射炉は、鉄製大砲の鋳造に必要な金属溶解炉で、萩藩の軍事力強化の一環として導入が試みられました。萩藩は安政2年(1855)、反射炉の操業に成功し ていた佐賀藩に藩士を派遣し、鉄製大砲の鋳造法伝授を申し入れますが、拒絶され、反射炉のスケッチのみを許されます。現在残っている遺構は煙突にあたる部分で、高さ10.5mの安山岩積み(上方一部レンガ積み)です。わが国の産業技術史上たいへん貴重な遺跡です。

Google mapGoogle mapGoogle map
恵美須ヶ鼻造船所跡

恵美須ヶ鼻造船所跡(えびすがはなぞうせんじょあと)

萩藩が、安政3年(1856)に設けた造船所の遺跡で、幕末に「丙辰丸」「庚申丸」という2隻の西洋式帆船を建造しました。丙辰丸はロシアの技術、庚申丸はオランダの技術が用いられており、このように2つの異なる技術による造船1つの造船所で行った例は他にないこと、また幕末に建設されたもので唯一遺構が確認できる造船所であることが評価されています。

Google mapGoogle mapGoogle map
大板山たたら製鉄遺跡

大板山たたら製鉄遺跡(おおいたやまたたらせいてついせき)

砂鉄を原料に、木炭を燃焼させて鉄を作っていた江戸時代の製鉄所の跡。日本の伝統的な製鉄方法であるたたら製鉄の遺跡で、1750年代~1860年代の間に3回操業していました。恵美須ヶ鼻造船所で建造した1隻目の西洋式帆船「丙辰丸」を建造する際に、大板山たたらで製鉄されたものが船釘などに利用されました。建物跡などの遺構が露出した形で整備されています。

Google mapGoogle map
萩城下町

萩城下町(はぎじょうかまち)

萩城下町は、幕末に日本が産業化を目指した当時の地域社会における政治・行政・経済をあらわす資産で、城跡・旧上級武家地・旧町人地の3地区からなっています。 ここで萩藩の産業化や西洋技術の導入についての政策形成が行われ、また当時の城下町に高度な匠の技があったからこそ、日本の産業化が急速に進んだと考えられています。萩城下町は、産業化を試みた幕末の地域社会が有していた江戸時代の伝統と身分制、社会経済構造を非常によく示していることが評価されています。

Google mapGoogle mapGoogle map
松下村塾

松下村塾(しょうかそんじゅく)

松下村塾は、幕末期に吉田松陰が主宰した私塾です。塾は天保13(1842)年、松陰の叔父である玉木文之進が自邸にて開設しました。塾では身分の区別なく学ぶことができ、幕末維新期に活躍し、近代日本の原動力となった数多くの逸材が輩出されました。

Google mapGoogle mapGoogle map
  • 萩市ホームページ「明治日本の産業革命遺産」世界遺産に登録のページ
  • 萩市ホームページ 萩の産業遺産群パンフレット(PDF)のリンク

PAGE TOP